成人の歯列矯正の不安な点:成人の歯列矯正治療ガイドライン



スポンサードリンク

成人の歯列矯正の不安な点

歯列矯正をこれから行おうと思っている人は矯正治療に対して少なからず不安を持っているとおもいます。
例えば矯正中の痛みはどの程度なのかとか、妊娠中でも矯正治療は可能なのかどうか、また、金属アレルギーがあるのだけど矯正装置が体に合わないのではないかなどの不安です。

歯列矯正中の痛みはどのくらいなのかということですが、痛みにまつわる話はオーバーに伝わりやすいので、ますます不安を感じるかもしれません。
歯列矯正は「痛そう」、「こわい」というイメージを持っている人も多いかもしれません。 
しかし、多くの人が歯列矯正によってきれいな歯並びを手に入れているのも確かな事実です。
歯列矯正治療に痛みがともなうことは否定できません。
しかし逆にそれが耐えられないほどの痛みであったなら矯正の技術はこんなに普及しなかったであろうといえるわけです。

妊娠中の歯列矯正治療は可能かどうかということですが、基本的には、妊娠中でも矯正治療を受けることは可能です。
矯正治療中に妊娠が判明し、治療を出産時期に一時お休みし、出産後にまた再会する人もたくさんいます。
その場合、当然医師に報告・相談しながら治療を続けることになります。
矯正治療の開始、継続は、歯科医師と産婦人科の医師によく相談した上で決めた方がよいでしょう。
しかし、妊娠中の矯正以外の歯科治療と同様、レントゲン撮影や麻酔治療、投薬などは避けたほうがいいです。
妊娠中は、つわりや体調の変化で通院が困難になることも考えられますし、妊娠性の歯肉炎やつわりで歯磨きどころじゃなくなるということも考えられ口腔内の環境も悪くなりがちですので要注意です。

金属アレルギーがある人の場合ですが、矯正装置に使われる金属はほとんどがステンレスなので、
鉄、ニッケル、クロムに対する検査(パッチテスト)を受けると良いです。
陽性の場合、矯正装置からの金属イオンの溶出量が問題になります。
ブラケットは、セラミックかチタン製のものにすれば問題ないわけですが、ワイヤーだけはステンレスやニッケルチタンになりますので、ここからの金属イオンの溶出量が問題になってきます。
検査の結果をみて、歯科医師と相談することが大切になります。
posted by teeth at 12:39 | 成人の歯列矯正の不安な点
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。