成人の歯列矯正中のケア・食事:成人の歯列矯正治療ガイドライン



スポンサードリンク

成人の歯列矯正中のケア・食事

矯正治療中の食事については誰でも不安になるところだと思いますが、基本的に食べてはいけないものというのはなく普段と同じ食事で良いのですが、トラブルを避けるため、また虫歯になるのを予防するために、控えたほうがいいものや
気をつけたほうがいいものはあります。

例えば硬い食べ物がそれに当たります。
おせんべいやフランスパン、りんごなどを、まるかじりしたり、強く噛んだりするのは避けたほうがいいです。
それによって矯正装置が外れてしまったり、破損してしまう可能性があるからです。
硬い食べ物は細かくしてからゆっくり食べるように工夫したほうがいいでしょう。
それとワイヤーを交換したりした直後は特に、硬い食べ物は避けたほうがいいでしょう。
ワイヤー好感後1〜2日はものをかむと歯がズキンと痛む場合もあるようです。

矯正治療中の食事として避けたほうがいいのは、その他には歯につまりやすいものや歯にくっつきやすい食べ物
です。
例えばナッツ類やポテトチップス、チョコレート、などはカスが歯の隙間に溜まりやすいですし、キャラメルやガム、お餅などは歯にくっつきやすいので注意が必要です。

その他には色素の強い食べ物もできれば避けたほうがいいでしょう。
例えばカレーやキムチなどです。
これを食べたからといって治療自体には影響はありませんが、矯正装置のゴムの部分を変色させてしまうおそれがあるからです。
黄ばんだ矯正装置をつけているのがみっともないと思うのであれば、上記のような色素の強い食べ物はできるだけ避けたほうがいいと思います。

お酒、たばこ、紅茶、コーヒーは意外と矯正装置の変色には影響はありませんが、矯正装置に影響はなくても歯の変色につながる可能性はあるので、それが気になるひとは注意したほうがいいでしょう。
posted by teeth at 12:29 | 成人の歯列矯正中のケア・食事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。