成人の歯列矯正治療の流れ・検査と治療計画:成人の歯列矯正治療ガイドライン



スポンサードリンク

成人の歯列矯正治療の流れ・検査と治療計画

歯列矯正治療の検査としてはまずレントゲン撮影、そして口や顔の写真撮影、歯型をとるなどがあります。

それによって歯のかみ合わせやあごの働きがどうなのかをを調べます。

通常は2〜3回に分けて行われることが多いようです。

その検査の結果をもとにして、矯正に使用する装置や矯正にかかる期間、矯正にかかる費用などを医師が検討します。

治療計画や方針、矯正治療の結果はこういう風になりますという予想を説明してもらったら、自分が理想とする矯正治療の結果と考え合わせて、具体的な治療方法の決定に進んでいきます。

矯正治療によって理想の歯並びに近づけるために、手術や抜歯が必要になるケースもありますので、その矯正治療に関するリスクの説明をしっかり聞いておくことが大事です。

治療方法は一つではなく複数のパターン用意してもらえるので、どの矯正方法が自分の理想とする結果につながるのかをリスクも十分踏まえたうえで検討しましょう。

この段階で具体的な治療の方針が決まったら、矯正にかかる期間やそれにかかる費用についてもほぼ決定に近いものを医師が提示してくれると思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。