成人の歯列矯正治療の流れ・初診と相談:成人の歯列矯正治療ガイドライン



スポンサードリンク

成人の歯列矯正治療の流れ・初診と相談

矯正で大事なのは検査と診断であると言われています。

初診では患者さん一人ひとりに対しての具体的な治療方針を定めることはなく、一般的な説明に終わります。
もし矯正に関する疑問や不安を抱えているとしたら、この初診のときに相談や質問をしたほうがいいでしょう。

矯正をはじめる前に、当たり前ですが、まずは医師と話し合って、どこをどうしたいのか、何が悩みなのかをしっかり伝えましょう。
ここでの話し合いが、これから矯正治療を進めていく上でとても重要なことになります。
医師の視点からみた治療の方法と患者さんの希望が必ずしも一致するとは限りません。
患者さん一人ひとりによって歯やあごの特徴が違うので、医師に症状などをしっかり把握してもらって、綿密な治療計画を立てることが、診断ミスなどを防ぎ、最も効果的で短期間の治療につながっていくからです。

病院によっても矯正治療の進め方は微妙に異なりますが、不安を感じた時は、治療のスケジュールなどについて詳しく聞いたり相談することが重要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。