成人が歯列矯正を行う理由・歯並びがもたらす影響:成人の歯列矯正治療ガイドライン



スポンサードリンク

成人が歯列矯正を行う理由・歯並びがもたらす影響

歯列矯正を行う理由としてはまず、歯並びが悪いと体にも悪影響が出てくることです。
かみ合わせが悪いということが、実はさまざまな体の不調の原因となるのです。
例えば、歯磨きが行き届ないために虫歯や歯周病になりやすいとか 息が漏れるため正しい発音ができないというようなことです。
その他にもよく噛まずに飲み込みがちなので胃腸障害を起こしたり、肥満になったりします。

子どもなら、あごの発達が遅れがちになり、 あごのずれから背骨が歪んで姿勢が悪くなり、そのため肩こりや頭痛といった症状にもつながります。
額関節に負担がかかり顎関節症の原因にもなります。
歯を食いしばることができないことが運動能力や集中力の低下につながったり、ストレスが溜まったりします。

このように体に直接与える影響のほかにも、例えば口を開けて笑えないとか自分の容姿にに自信が持てないコンプレックスが消極的な性格や行動につながることもあります。

歯並びが悪いくらい今すぐどうのという問題ではないと思うかもしれませんが長い間積み重なれば心身の健康の悪い影響を与えるのは目に見えているのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。