成人の歯列矯正中のケア・歯磨き:成人の歯列矯正治療ガイドライン



スポンサードリンク

成人の歯列矯正中のケア・歯磨き

矯正治療中の歯磨きの仕方ですが、歯磨きは、虫歯や歯周病の予防に必要なオーラルケアの基本ですので、矯正中も、歯磨きの仕方は変わりません。矯正治療中は矯正装置に食べ物のカスが溜まりやすくなり、歯磨きが行き届きにくいので、普段の歯磨きよりさらに注意してこれを行うことが必要です。

矯正中の歯磨きのポイントとしては、毛先を歯の細かい部分にまで押し込んで磨くことです。
矯正装置のすき間や奥歯のほうまで、鏡でチェックしながら小刻みにブラシを動かすこと、小さなヘッドで小回りのきく歯ブラシを使用することが大事です。
歯ブラシの届かない部分は歯間ブラシなども利用して普段以上に丁寧な歯磨きを心がけることが重要です。

上手く磨けたかどうかを見分ける方法として、歯磨きの後に鏡で一番奥の歯にはめられたバンドをチェックするという方法もあります。
バンドやワイヤーの色がくもっていたら、歯が上手に磨かれず歯垢が溜まっている証拠ですので、フッ素入りのマウスウォッシュを使うのもひとつの方法です。
しかしあくまでも歯を磨くことが基本ですので、マウスウォッシュは、より口の中をきれいにする、といいようにサポート的に使いましょう。

矯正治療中の虫歯は、矯正期間を長引かせたり、治療を一時ストップさせる原因になりますので、これを避けるためにも歯磨きは注意して行いましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。