成人の歯列矯正治療の方法・スピード矯正:成人の歯列矯正治療ガイドライン



スポンサードリンク

成人の歯列矯正治療の方法・スピード矯正

スピード矯正で短期間治療という方法もあります。

歯の矯正には、通常2〜3年という年月がかかるのが普通ですが、矯正を希望する人の中には大事な仕事を控えていたり、例えば就職や結婚式に間に合うようにという事情があったり、矯正に何年もかかるということにためらう人もいると思います。

スピード矯正は、今までは数年かかった矯正治療を、最短で半年で終了することのできる矯正方法です。

スピード矯正には「アンカーインプラント」と「コルチコトミー」という二つの方法があります。

「アンカーインプラント」と従来の矯正治療との違いは歯を抜かなければ矯正ができなかった方でも歯を抜かずに歯並びを矯正することができる点と、従来の矯正治療では適応できない症例、代表的なものとして開咬(かいこう)とガーミースマイル
に適応できることです。
「アンカーインプラント」のメリットとしては、この他に、歯の装置を遅らせて装着ができるため見える場所の装置の装着期間が短いことや、矯正治療の最後の微調整にかかる時間が短縮されることが挙げられます。

「コルチコトミー」とは、簡単にいうと骨にスジを入れて早く歯を動かす矯正方法のことです。
これは従来の矯正治療と併用して行う治療で、ブラケットを装着する前に歯茎に手術を行い、歯茎の骨の代謝を促進して歯の動くスピード を早くするものです。
外科手術が加わりますが安全な方法で、手術は2時間ほどで終わりますので入院する必要もありません。

「アンカーインプラント」も「コルチコトミー」も、最先端の技術を用いた高度な治療であるために、日本でこれを正しく行える歯科医師はまだ数少ないようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。