成人の歯列矯正治療の流れ・通院:成人の歯列矯正治療ガイドライン



スポンサードリンク

成人の歯列矯正治療の流れ・通院

歯列矯正装置をつけたら、定期的に通院して矯正装置のメンテナンスを行わなければなりません。

通院は、ほぼ月1回のペースで行われ、ワイヤーやゴムを交換するだけでなく、矯正の進み具合を調べたり、歯磨きの仕方などののアドバイスを受けたり、さまざまな処置が行われます。

歯は少しずつ移動していきますので、その移動にあわせて歯列矯正装置の形状をメンテナンスしていく必要があります。
この定期治療は、患者さんが担当医師の指示通りに通院できるかどうかが肝心なところです。

歯列矯正は医師と患者さんの二人三脚になりますので、いくら先生が一生懸命に治療をしてくれようとしていても、本人の努力や協力がないと歯列矯正はうまくいきません。

たとえば通院をサボってしまうと、その分矯正期間が長引き、通院回数も増えることになるので、結果的に患者さんの精神的負担、金銭的負担が増えることになります。

また、せっかくなおりかけていた歯並びも、また元に戻ろうとする力がはたらくので、矯正装置を定期的にメンテナンスしないと、いつまでたっても歯列矯正を終えることができません。

先生のほうも、定期的にメンテナンスしなければ、矯正装置の調整や治療計画がくるってしまいます。

急用や病気などのとき以外は決められた間隔での通院を欠かさないようにしましょう。

矯正装置にもよりますが、口内の異物感、違和感、痛み、から、多くの人が矯正治療を続けられるのか、また長期間の治療に耐えられるのかという不安を持つようです。

今までになかった金属成の矯正装置が口の中に常時入っている訳なので、最初は多少なりともストレスを感じるでしょう。
矯正装置によっては、前歯に金属やゴムが見えることもあるので、他人と会ったり、会話したりすることがおっくうになってしまうかもしれません。

そのために矯正治療の途中で装置を勝手に外してしまったりする人もまれにいるようです。

歯列矯正は大変な作業ですが、せっかく歯列が移動し始めているのだから挫折してしまわないで、強い意志と目的意識をもって、歯列矯正治療を続けることが大切です。

慣れてくれば、不安や苦痛も徐々に取り除かれていくでしょう。

ちなみに、自分の歯が動いているのを最初に実感できるのは、矯正治療を始めて4〜5ヶ月経った頃のようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。