成人の歯列矯正にかかる期間:成人の歯列矯正治療ガイドライン



スポンサードリンク

成人の歯列矯正にかかる期間

歯列矯正にかかる期間は大体どれくらいかというと、
子どもの歯の矯正の場合は骨の成長もありますし、歯の生え変わる時期もありますので、これを考慮して、第T期と第U期の2段階に分けて矯正を行う場合があります。
第T期は大体2〜3年、第U期は大体2年くらいです。
このように2段階に分けて矯正を行わなければならない場合、その途中の観察期間も含めて、矯正治療にかかる期間は5年以上になるケースも珍しくないようです。

成人の歯の矯正の場合は、子どもの歯の矯正とくらべてもっと短い期間で矯正治療が終わります。
それでも大体2年〜2年半くらいはかかるようです。
長いと感じる人もいるかと思いますが、それなりの時間は必要になります。
なぜかというと、成人の場合もともとしっかり植わっていた歯をより正しい位置に、体に負担をかけないように移動させるという治療を行うわけなので、短期間で終わらすというわけにはいかないのです。
歯が動きやすい人と動きにくい人の個人差もあり、年齢や基礎代謝量の違いによっても違ってきます。
また、歯槽膿漏の人や、あごの関節の調子の悪い人などの場合、どうしても通常よりも治療の期間が少し長くかかりますが、そう何年も長くかかるというわけではありません。

ただし、矯正歯科医の治療方針が明確でなかったり、矯正技術が未熟であったりした場合、成人の矯正でも5年・7年と矯正治療期間が長くなるケースもあるようです。
posted by teeth at 15:12 | 成人の歯列矯正にかかる期間
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。