成人の歯列矯正治療の方法・マルチブラケット法:成人の歯列矯正治療ガイドライン



スポンサードリンク

成人の歯列矯正治療の方法・マルチブラケット法

マルチブラケットとは、矯正治療というと、ほとんどの人が真っ先に思い浮かべるであろう、歯の表面に張りめぐらされたあのピカピカの金属装置です。

マルチブラケット法とは、矯正歯科においてこのブラケットという装置を動かしたい歯の表面に装着して、おのおののブラケットにワイヤーで連結して、3次元的に歯の移動を行い歯列を整える装置を用いる方法です。
ほとんどの永久歯が生えそろう小学校6年生以降ですべての永久歯を矯正治療の対象としていて、矯正治療を行う場合ほとんどの方が使用する装置です。

マルチブラケット法では以前は金属製ブラケット(メタルブラケット)が多く使用されていましたが、審美性、つまり美しい口元になりたい、歯並びを治したいと思っても、あの矯正装置に抵抗を覚えるという人も多いでしょうし、その他にも金属アレルギー等の問題があるため、最近では合成樹脂性の透明なブラケット(クリアブラケット)が多く使用されています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。